メインコンテンツまでスキップします
アット・ニフティロゴ Car@nifty

コンパクトカー、ミニバン、ワンボックス、セダン...今欲しい車の新車・中古車情報満載の自動車サイト

Car@niftyトップ > 奴田原が行く! > 白滝の里でモータースポーツ
奴田原が行く!

公式サイト:http://www.nutahara.com/
奴田原文雄(ぬたはら ふみお)
1963年12月20日生まれ 北海道在住

アドバン・ラリーチームのエースドライバーとして活動。 全日本ラリー選手権では9回もの総合チャンピオンに輝く(歴代1位)、日本ラリー界のトップドライバー。2006年のモンテカルロラリー(PWRC)で日本人として初めて優勝した。

2017年7月31日 (月)

白滝の里でモータースポーツ





四国のてっぺんラリーモータースポーツフェスが先日開催されお手伝いに行って来ました


というより、里帰りして来ました






50数年前にここ高知県大川村朝谷に白滝鉱山があり、


2000人以上の人が住んでいました






いまは木々がうっそうとしているこの谷間に、映画館パチンコ銭湯スーパーマーケットなんでもありました


その面影はもう残っていません






デモランで新井君がブラックマークをつけた、


まさにこのコーナー辺りに我が家がありました






デモランの1番乗りは大川村の和田村長


飛行機ジェットコースター大嫌いとの事ですが・・







エボ2アドバン号のポスターを大事に持って来てくれたラリーファンの方


20数年ぶりにサインが入りました


ありがとう!






デモラン(新井君インプだけ) とあとはトークショーも


夕方には福岡に飛ばなくてはダメなので私はデモランなしです






小学生ラリーファンの男の子からメッセージカードには


「2017年ラリーの大川嶺でクルマがスムーズに動くことがすごかったです。」


ありがとう!よく判ってるね君は!


将来のラリードライバー目指して頑張れ!!





こんな石のトンネルも昔のまま


ボンネットバスに揺られて砂利道を、当時は高知市内に出るのに1日がかりでした


バスに2回乗り換えそれから汽車に揺られて


そんな生まれ故郷でラリーが開催されるとは


感慨深いものがあります


白滝の里のみなさんお世話になりました

text by 2017.07.31 | | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179801/65603991

この記事へのトラックバック一覧です: 白滝の里でモータースポーツ:

コメント

こちらこそ、世界の!奴田原選手と新井選手に四国まで来ていただき感激です。
当日、私はエントラントだったので、イベントには参加できなかったのですが、初めてセレモニアルフィニッシュがあり、驚きでした。
奴田原選手が高知県の出身であることは知っていたのですが、この白滝の里が生まれ故郷とは、この日まで全然知りませんでした。
DCRさんの「四国のてっぺんラリー」としてこの地で開催されるようになってから、数年になりますが、表彰式後の地元のみなさんによる郷土料理のおもてなしと、後日、主催者から送られてくるDVDを楽しみに、参戦してきました。
来年からは、奴田原選手の故郷を走っているという楽しみも加わります。
今後も、大川村の繁栄を願いながら参戦していこうと思います。
また、四国のイベントに足を運んでください。

投稿者: CMSC香川 H尾 (2017/08/16 6:12:47)

H尾さん、ありがとうございます。
ちょっと忙しくて、イベントの時間しか滞在できませんでしたが、
今度は時間に余裕を持ってラリーを楽しみたいと思っています。
またよろしくお願いしますー

投稿者: ヌタハラ (2017/08/31 18:01:58)

コメントを書く









このページの先頭へ戻る




Car@niftyトップへ戻る